第33回日本臨床内科医学会
トップページ
ごあいさつ
開催概要
日程表・プログラム
事前参加登録
演題募集・登録
指定演題登録
参加者へのご案内
座長・演者へのご案内
宿泊プラン
会場アクセス
会場案内図
日医生涯教育制度取得単位
産業医研修会
健康スポーツ医学再研修会
リンク

ごあいさつ

 

 きたる2019年10月13日(日)から14日(月・祝)までの2日間、リーガロイヤルホテル広島(広島市中区)におきまして、「第33回日本臨床内科医学会」を開催いたします。テーマは「かかりつけ医の新たなる挑戦―2025年問題のあとさきー」です。
 数年後に迫ってきた2025年問題に焦点をあてた学会となります。次世代の医療関係者に、そろそろ2025年前後の医療現場の青写真を示すことが責務と考えます。そこで、このたびは「かかりつけ医と在宅医療」、「医師の男女共同参画」そして「診療報酬」の切り口からのワークショップを予定しています。また、開業医、勤務医の関心の高いトピックス、特別講演、シンポジウムなど、魅力あるプログラムを企画しております。
 広島は、世界遺産として「宮島」そして「原爆ドーム」があり、オバマ前大統領にプレゼントされた折鶴は「原爆資料館」に展示されています。また、コスメチックスツールで海外でも有名な「熊野筆」や酒蔵が立ち並ぶ東広島市・竹原市の街並みも魅力満載です。食に関しても、瀬戸内海の小魚以外に、「カキ」、「フグ」そして「まつたけ」と、皆様に十分堪能していただけます。
是非とも、広島大会に足を運んでください。お待ちしています。

 

第33回日本臨床内科医学会 学会長 加藤 雅史